更年期障害には様々な症状がある|クリニックを受診してみよう

加齢で起こります

エストロゲンが減少します

先生

更年期障害は、加齢により誰にでも起こりえます。症状には、全身症状から局所的症状までさまざまで、軽いケースもあれば重いケースもあるという、個人差の大きな疾患が特徴です。更年期障害のなかで多いのが、顔がほてる、めまい、耳鳴り、汗をかきやすい、頭痛、動悸、イライラする、不眠、不安、冷え、疲れやすいなどで、症状が数週間続くようなら、更年期・閉経外来の受診がおすすめです。原因は、エストロゲンという女性ホルモンが減少することなので、40歳代後半から発症する人がみられます。女性ホルモンは、徐々に減少し、自律神経に影響するため、さまざまな不調が現れるのです。女性ホルモンは、男性にとっても大切なはたらきをしていますので、男性でも人によっては更年期障害が起こります。

診断を受けよう

更年期障害は、症状によっては日常生活が送りづらくなることがあります。このような状態に陥った場合は、内科の医療クリニックに診断を受けに行くことが大切です。クリニックには専門医が在籍しているので、患者の症状を細かく分析して、丁寧に診断結果を伝えてくれます。処方箋をもらった場合は、定められた用法用量を守って、きちんと摂取することが大切です。クリニック選びに迷っている方は、比較サイトを参考にするといいでしょう。サイトにはクリニックごとの特徴が載っているので、そこで自分に合いそうな医療サービスを提供しているところを探してみましょう。また、地域別でクリニックを絞ることができるので、お住まいの地域に近いところを選ぶことができます。

更年期を迎えたときに

病院

更年期障害は、女性ホルモンが影響して、更年期と呼ばれる時期に風邪に似た諸症状を引き起こしてしまう病気のことです。予防策として、規則正しい生活を心がけること、カルシウムを多めに摂取するようにすることがあげられます。

更年期を楽に過ごす

カウンセリング

更年期の女性は顔がほてってしかたがないという症状を訴えますが、原因として言われるのが女性ホルモンの影響であります。 更年期障害のひとつでホットフラッシュと呼ばれ、本人を悩ませるわけですが医療機関で解決を図れます。

それぞれの症状

カウンセリング

更年期は誰にもやってきます。更年期障害の症状に悩んでいろいろな病院で診てもらい薬漬けになって、さらに調子が悪くなったという人もいます。更年期障害の治療方法はホルモンの補充療法ですが、そのほかに植物性のたんぱく質を含んだ薬を飲んだり、漢方薬も効果があります。