更年期障害には様々な症状がある|クリニックを受診してみよう

更年期を迎えたときに

病院

更年期とは、女性ホルモンが減少して女性が閉経を迎える時期のことを指し、年齢で言うと45〜55歳程度の時期を指します。そしてこの時期に、女性ホルモンが減少することによって様々な諸症状を引き起こしてしまうのが、更年期障害と呼ばれる病気です。症状の多くは風邪と似ているため自分ではなかなか判断がしにくい病気ですが、病院で血液検査をすると、的確に発見することが出来ます。更年期障害は、更年期を迎えた女性の半分程度がなると言われている病気です。症状が重い場合には日常生活に影響を及ぼしてしまう場合もあるため、更年期障害の予防策がとても重要となります。更年期を迎える前から様々な対策をしておくことで、発症や、諸症状を抑えることにつながります。

更年期障害の具体的な予防策の一つが、生活習慣の改善です。バランスの良い食事と、適度な運動と睡眠を習慣づけることで、体内のホルモンバランスが保たれ、更年期障害になりにくい体を作り出すことが出来ます。またそれだけでなく、規則正しい生活は脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化などのその他の病気の予防、改善にもつながるため、日ごろから意識しておくことがとても大切です。また、カルシウムを多く摂取するようにすることも予防策の一つです。カルシウムに含まれる成分が作用し、更年期障害の予防だけでなくイライラを抑え、骨を丈夫にして骨粗鬆症を予防することにもつながります。このように規則正しく、カルシウムを多めに摂取する生活を心がけることで、更年期障害の予防と、自身の健康を作り出すことが出来ます。